ワイン 五大シャトー





デイリー飲みのワインって意外と次の日には・・・ってのが多いけど、あまりにも残っちゃった時は家では牛肉の煮込み料理やスペアリブ、スープなど色々バリエーションが付きお肉もホロホロ♪

ワインって料理ベタの私でも本格的な味を出さしてくれてます♪

飲み残しまで使えるワインって本当にかかせない!!!!1



Dadybear's BLOG » 狂喜乱舞(^^)

どのワインがいいか 迷ったので. 尋ねてみました 親切 丁寧 そして 押しつけがましくない・・最高です!! マルゴー オーブリオン ラトゥール ムートン ラフィット 五大シャトー勢揃い. 自分じゃ 買いに行くことのない 第一級も じゃんじゃん 見せてくれ ...(続きを読む)



ブリ大根とラ・グラーブ・ヌーボ白!ボージョレもなかなか良い!!

カメラのSDカードがクラッシュしてかなり落ち込んでいる店長です。料理の写真が~(>_<)只今復旧できるかどうか、バイトのとしちゃんがチャレンジしてくれています。今日は運の良い事に携帯で撮った写真でブログ記事が書けそうです(^^;先日の夕飯はブリ大根でした。ひじきに厚揚げ、頂き物の自家製塩辛、社長のブロッコリーとヘルシーなメニュー!!先ずは、和食に良く合うラ・グラーブ・ヌーボ白2009(m)!!毎年美味しいですが、今年のラ・グラーブの白ヌーボは本当にコクがあり旨味が...(続きを読む)



【今回限り6本以上で送料無料】オーシエール・ブラン[2007]年・ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト・シャトー・オーシエール元詰 Aussieres Blanc [2007] Domaine Baron de Rothshild あの五大シャトー!メドック格付第1級、あのシャトー ラフィット ロートシルト家が南仏ラ
商品価格:1,344円
レビュー平均:3.0

オーシエール・ルージュ[2007]年・ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト・シャトー・オーシエール元詰 Aussieres Rouge [2007] Domaines Baron de Rothshild あの五大シャトー!メドック格付第1級、あのシャトー ラフィット ロートシルト家が南仏ラングドック地方で造る、カベ
商品価格:1,449円
レビュー平均:0.0

楽天最安値に挑戦中!五大シャトーで最も安定した品質![1997] シャトー・ラトゥール / ポイヤック
商品価格:30,240円
レビュー平均:0.0

楽天最安値に挑戦中!五大シャトーにも匹敵するシャトー!![1994] シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン ペサック・レオニャン
商品価格:13,965円
レビュー平均:0.0

五大シャトーと同じくらい有名な第3級シャトー。[2002]シャトー・カロン・セギュールCH.CALON-SEGUR
商品価格:11,000円
レビュー平均:0.0


五大シャトーと「スーパーセカンド」の差

五大シャトーと「スーパーセカンド」の差ブルゴーニュと双璧をなす、世界最高のワイン産地であるボルドー・・・そのボルドーで頂点とされるのは、ラフィット、ラトゥール、マルゴー、オー・ブリオン、ムートンの五大シャトーですが、それに続くものとして挙げられるのが、コス・デス・トゥールネルやラス・カーズ、あるいは(2級ではなく3級ですが)パルメ等のいわゆる「スーパーセカンド」・・・。ところで先日、こちらの記事(http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/drink/wnews/20071107gr0d.htm)でコス・デス・トゥールネルを造っている、ジャン・ギョーム・プラッツ氏のインタビューを読んだのですが、プラッツ氏が正直に自分のところのワインが五大シャトーには及ばないという事を認めていて、少し驚きました。あれほどの名声を得ているシャトーなら、「自分のところが一番」と豪語してもおかしくないと思っていたので・・・。で、実際のところプラッツ氏認めている通り、五大シャトーとスーパーセカンドには、どうしても埋められない紙一重の僅かな差というものが存在するのでしょうか?この前読んだある本では、「ラス・カーズは品質面ではラフィットやオー・ブリオンより上だが、優等生的で、『これがラス・カーズだ』という個性が無い」みたいな事が書いてありましたが・・・。ちなみに私のところにはラフィットの79年、マルゴーの94年、コス・デス・トゥールネルの99年がありますが、まだ飲んだ事はありません(笑)。(続きを読む)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック